タヒチのウクレレ

タヒチの人々にとって音楽と踊りは、生活の一部のようなもの。
アクティビティースタッフのRogerは、生粋のエンターテナーで、ある時はポリネシアンダンスを踊り、太鼓をを叩き、ウクレレを使って美しい歌声を披露してくれます。

タヒチのウクレレは、弦が8本(ハワイのものは4本)あり、1つの指でそれぞれ2本の弦を押さえて音を奏でます。今日は特別にRogerの歌声を動画でご披露!
歌っているのは、”TAKU KIMI HIA NARA”というタヒチの歌で、少年(少女)が恋人を思う気持ちを唄っているそうです。

ランギロアののんびりした雰囲気とウクレレの音色が心地よい気持ちにさせてくれますね。

 星野リゾート Kia Ora ランギロア
【公式HP】 http://rangiroalagoon.com

情熱のダンス

時間の経過と共に流行が変わっていくようにタヒチの文化であるタヒチアンダンスも時代と共に変遷しているそうです。年配の男性スタッフによると「今のダンスは、女性的過ぎて迫力がないんだ。」「こうやってこうやって腰をもっと激しく動かすんだ。」とのこと。十分に迫力があると思いますし、それぞれのダンスチームによって、同じ曲でも全く違うのが、音楽らしくそれぞれの違いが興味深いです。

タヒチアンダンス

 星野リゾート Kia Ora ランギロア
【公式HP】 http://rangiroalagoon.com

 

環礁俯瞰の小景

ティプタ上空世界最大級のランギロア環礁。琵琶湖が2.6個入る巨大な大きさですから、当然ラグーンの対岸は見えませんし、行くにはボートで1時間はかかります。その昔あった火山がやがて水没し、サンゴ礁だけが残ったというこの特異な自然。

上空から見ると手前右のモツ(小島)がティプタ、奥がホテルのあるアバトルのモツ。その中間左側にピクニックの一つ “アクアリウム” で行くビーチが写っています。

ブルーラグーン、ピンクサンドビーチ、リーフアイランドなどボートで行くピクニックは、ダイビングをしない人でも楽しめるツアーで皆さんとても感動されますが、一番手頃なのは、ホテル近くのティプタパスでの野生のイルカのジャンプ鑑賞でしょうか。左側のラグーンと右側のオーシャンをつなぐパスで発生する波の衝突で発生するウネリにイルカ達がジャンプを繰り返す姿が、このティプタパスで楽しめます。

星野リゾート Kia Ora ランギロア
【公式HP】 http://rangiroalagoon.com