イルカウォッチング

野生のイルカのジャンプを見るには、夕方の16時以降にホテルから1キロ離れたこのティプタパスまで、散歩がてら歩いて行かれるのも良いですし、ホテルからの無料シャトルバス(*)を利用されても良いです。

20160304-DSC_1556

方法を整理すると….

1 ) 歩いてティプタパスまで行く 距離1キロなので、12分程度の距離です。歩いてもすぐなので、歩くことをお勧めしています。

2) レンタサイクルで自転車を借りて行く、自転車で5分です。4時間 900xpf水上バーで夕陽を楽しむなら、日没までに戻るので自転車で時間短縮が良いです。

3) スクーター2人乗りを借りて行く 2時間で4,200 xpf

4) レンタカーを借りて行く 左ハンドル、ミッション 5人乗り 2時間で5,000 xpf

5) ホテルのシャトルバスで行く ただし火木土のみ 17時出発 18時戻り*ホテルからの無料シャトルバスは、火・木・土にレセプション前から17時に出発します。

6) ドルフィンウォッチツアーに参加する。お一人様 4,750xpfまたこの写真のように近くでイルカを見るなら、イルカウォッチング(ティプタパス)に参加して下さい。但し揺れる波の上でエンジンを止めたボートに乗るので、船酔いされる方は、参加されない方が良いです。

星野リゾート Kia Ora ランギロア
日本語サイトはこちら
http://rangiroalagoon.com

Rangiroa Wine

世界で唯一環礁の島で作られるワイン。

ランギロアの無人島で作られているこのワインは、ランギロアの貴重な観光資源のひとつです。

どこまでも広がる水平線に沈む夕陽を水上バーで楽しんだ後は、このワインをスターターとして、ランギロアの魚介類を中心としてお料理との相性をお楽しみ下さい。世界でここだけの世界を景色だけでなく、お料理でも堪能して下さい。

DSC_1720

星野リゾート Kia Ora ランギロア

http://rangiroalagoon.com

水平線に沈む夕陽

ホテルに到着した夕方、水上バーでトロピカルカクテルを楽しみながら、水平線に沈む夕陽を眺めるのは如何でしょうか。雲がない日よりある程度雲があるとキャンパスにオレンジ色の絵の具で書きなぐるように空と海がオレンジに染まります。太陽が沈んでもすぐに帰っては駄目です。沈んでからが、本番で、マジックアワーと呼ばれる至福の時が訪れます。

20141201-DSC_6365

星野リゾート Kia Ora ランギロア

http://rangiroalagoon.com

天然の水族館

ホテルからボートで5分で到着するティプタパス。そこで、アクアリウムという無人島でシュノーケリングをを楽しむエクスカーションを催行しています。約1時間魚と戯れると本当に心と体のリラックスできます。この非日常の世界で水中で珊瑚に生息する魚と触れ合いランギロアの海の素晴らしさを楽しんでください。

DSCN1465

星野リゾート Kia Ora ランギロア

http://rangiroalagoon.com