海の人気モノと嫌われモノ

ランギロアで出会うこの生物。
どこの国のダイバーの方もとてもお好きですね。
ダイビングでも出会いますし、ドリフトシュノーケリングでも出会うことが出来ます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

一転、日本以外の方達はとてもこのウツボが大好きですが、日本の方はあまり興味を示されません。
水上バンガローの下の岩にも潜んでいることがあるので、岩の下に足は入れない方が良いです。
こちらが攻撃してきたとして、反撃しているだけですので、決して危険なことはないです。
身を守ろうと防御しているだけです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

星野リゾート Kia Ora ランギロア
日本語サイトはこちら
http://rangiroalagoon.com

ドルフィンウォッチツアー

ホテルのプライベートビーチにある桟橋からボートで5分、内海と外海がつながったこのティプタパスという水路に出向くと野生のイルカ達がジャンプする様子を目の前で楽しめます。
船酔いされる方は残念ながら、気分が悪くなってしまうので、お勧めは出来ませんが、ボートの側面を叩くとイルカ達が興味を示し、沢山寄ってきます。

20170503-DSC_6427

船酔いされる方は、ホテルから歩いて15分の場所から、陸の上からもこのジャンプが楽しめます。
夕方16時から18時には、毎日イルカが集まってきますが、内海から外海に潮の流れがあるタイミングで、
「うねり」が出来るとそこに向かってイルカ達のジャンプが始まります。
うねりが無い日は、ジャンプをせずに帰ってしまいます。
このうねりが出来るタイミングは、日本人スタッフに聞いて頂くと跳ねる時間を予測しますので、遠慮なく聞いてみてください。

250メートル幅、水深30メートル弱のこの水路に、強い引き潮があるタイミングで、イルカのジャンプ。所謂「アウトゴーイングカレント」。その逆の「インカミングカレント」の時にドリフトシュノーケリングやドリフトダイビングを行います。
流されても、内海なので、安全に楽しめるというわけです。

星野リゾート Kia Ora ランギロア
日本語サイトはこちら
http://rangiroalagoon.com

タッチミーの娘さん

ダイバーから愛されている「タッチミー」の娘、「ボンボン」の登場です。
お母さんに新しくベビーが出来たので、この娘さんは、寂しくて仕方ないようで、
水中で出会うと、最後までついて来ては、甘えてきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

グローブは外し、素手で体を優しくブラッシングして上げると気持ち良さそうにじっとしています。
この娘さんの特徴は、頭の右上に月の輪ような傷、左腹部に銃弾で撃たれたような丸い傷があるので、
この傷が治っていない限りは、目視で確認できるかと思います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

星野リゾート Kia Ora ランギロア
日本語サイトはこちら
http://rangiroalagoon.com