お魚ですか?目の前にいますけど….

チェックイン時に「お魚はいますか?」とお客様に質問されることがあります。
思わず「はい?!」と少し驚いてしまいます。
このツアモツ諸島は珊瑚で形成された島ですから、珊瑚にはお魚が沢山生息していますので、
私的には沢山いるのが当たり前なので、反応が失礼な場合があります。
お許し下さい。

このイエローバタフライフィッシュ(トゲチョウチョウウオ)はツガイで行動しています。たまに一人の人もいますけど。
パンを上げると水が汚れるので撮影に不向きです。上げなくても「頂戴」と寄ってきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

寄ってきてほしくないのは、このゴマモンガラさん。珊瑚を砕く鋭い歯を持つ醜いこの方。
産卵期には、卵を守る為に追いかけてきて嚙みつきます。海底を一生懸命掘っているので、
直ぐに分かります。近づかずにそっと離れれば安全です。毒は持っていませんが、
もし、噛まれたら、翌日からは海に入ることは御止めします。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

水上バンガローの下の珊瑚には沢山の魚が群れを成していますので、水中の温度が上がる前の
朝7時30分くらいから、シュノーケリングで魚と遊んでください。

星野リゾート Kia Ora ランギロア
日本語サイトはこちら
http://rangiroalagoon.com

珊瑚の島の天気予報

日本からお越しになられたお客様が異口同音に「ランギロアは雨が多いですね?」とお話しになられます。
インターネットの検索ワードで「ランギロア」「天気」と入力すると確かに雨の日が表示されていました。
しかも皆さんがお持ちになっているタヒチのガイドブックにもタヒチは12月から3月は「雨期」と明記しています。
にも関わらず、ランギロアは晴天率90%以上と記載している情報もあり、皆さんとても不安で
このフレンチポリネシアにお越しになられ、パペーテに到着したら、やはり「雨」。
騙された。というイメージでランギロアに到着してみて初めて、「あれっ晴れてるじゃん?」という感じでしょうか。
そしてホテルに到着するタイミングで真っ黒な日本人がレセプションでのお迎え。「コンニチワ」。と片言の日本語?

ご心配をお掛けしているようですが、ここは海底火山が沈下して外輪の珊瑚が残った珊瑚で形成された島。
ランギロアの属するこのツアモツ諸島は、土壌を形成するのは珊瑚であり、どこを掘っても珊瑚なので、すぐ海水が現れてきます。海抜ゼロメートルのこの珊瑚の島は、山も丘も無く、海に浮かぶヨットの様な環境です。
ということは、山も丘も無く、気候が特殊なのです。

ラグーンに浮かぶヨットの船先を見て、風上を確認。その方角が晴れていれば、「晴れ」。
ボートが出向できる「風」がキーポイントで風が強いと晴れていてもボートは出航できません。
全くもって高い山がないこの島は、雨はすぐに通り過ぎるので、雨かどうかなんて、誰も気にしていません。
もちろん、毎日のように雨は明け方に降ります。雨が降らないと村人は生きてはいけません。

でも、日焼け対策をしても、これだけ色の黒い日本人を見て、そして始めて、
そうか?ランギロアの雨は毎日降るけど、日差しは強いかも?」と疑心暗鬼。
たまにですが、私を日本人だと信じてくれず、私を二度見されるほど、日焼けしてしまいます。

ご滞在中に「晴天率が90%」っていいうのは、私の肌の色を見て、このブルーラグーンの色を見て信じ始めてくれます。

雨というと日本の梅雨のような一日中、雨をイメージする日本のお客様。
でも日中は、体が溶けるほどの強い日差し・晴天が一年中、続いているこのランギロア。
インターネットで天気を調べない方が良いです。毎朝スコールは降るのである意味天気予報は正しいのです。

雨はこの星空を撮影している最中も一瞬降りました。でもすぐに止みました。
雲を見れば、5分後の天気が分かる。そんな*広い空*です。
訪れないとこの楽園の美しさは信じて頂けないのかも知れません。
そして、こんな美しい景色を見れないタイミング来られたお客様。ごめんなさい。
もう一度、挑戦してみて下さい。ここは、地球の自然。そのものなのです。
そんな美しい景色で寛ぐこの贅沢。
何度も訪ねないと見れない景色という表現で今後は訴求する方向で考えます。
ここには、皆さんが見たことが無い景色が本当に実在しているのです。

*広い空の意味:ライロア ⇒ ランギロア

20170202

星野リゾート Kia Ora ランギロア
日本語サイトはこちら
http://rangiroalagoon.com

お客様便り

先日ハネムーンでお越しになったお客様から滞在時の写真を頂戴しました。
あまりに美しいので、お客様の許可を得て、「お客様便りとして」掲載させて頂きます。
楽しまれている様子が一枚一枚に投影されていて、拝見するだけで幸せな気持ちになります。
「お幸せに!!」
IMG_0180[1]

IMG_0181[1]

IMG_0182[1]

IMG_0184[1]

IMG_0185[1]

IMG_0186[1]

IMG_0187[1]

IMG_0188[1]

IMG_0189[1]
IMG_0190[1]

おこがましいですが、ご主人が撮影されたどの画像も、とてもセンスが良くて勉強になります。

星野リゾート Kia Ora ランギロア
日本語サイトはこちら
http://rangiroalagoon.com

ハネムーナーフォトプラン

ホテルにお泊り頂いているお客様と、何度となくランギロアの海の魅力をお話しさせて頂いている間に
仲良くさせて頂くことがあります。この日は、ブーケをご注文されたカップルがお二人で撮影されるようなので、
何かしらお手伝いをさせて頂こうとカメラを持ち、ビーチの桟橋に向かいました。

結局、自分のカメラが一番撮影しやすいので、カメラマンとしてフォトの撮影をさせて頂きました。
お二人だけの撮影を考えておられたようで、私が段々と撮影の本気モードになってくると恐縮されておられました。
お邪魔してすいませんでした。お幸せに!!

DSC_5479

星野リゾート Kia Ora ランギロア
日本語サイトはこちら
http://rangiroalagoon.com

ランギロアワインの畑を上空からショットする方法

海底火山が沈下した後に残った珊瑚礁で形成されたこのランギロア環礁。
地面を掘っても、海水しか出てきません。

そんな珊瑚で作られるこの奇跡のランギロアワインの畑を上空から撮影するには、タヒチ国内便の前から2列目までの右側の座席を確保する必要があります。一番前は非常出口なので、フランス語か英語が出来ないとダメですが、文章を読んで大丈夫と勇気を持って答えれば大丈夫です。

フライトの座席は自由席なので、10分ぐらいは早めに並んでないと目的の座席は確保出来ませんし、
多様な国からお客様は来られているので、国民性とその個人のモラルにより
搭乗時に並んでいても、ガタイに押されて日本の方は、力負けしてしまいます。
笑顔で「あっ急いでいるの?どうぞどうぞ」と南国らしく相手に譲ってあげても良し、
肩を入れて力勝負しても良し、その時の感情で勝負してみましょう。
笑顔であれば、この勝負には勝てますが、もしかしてお相手が、同じホテルに滞在する方やダイビングを一緒に潜るかも知れないので、覚悟を持って勝負して下さい。

因みに左側に座るとブルーラグーンを上空から撮影出来ます。
プロペラが写真に写っても良い人は、68席の座席のどこに座られても窓側であれば大丈夫です。

IMG_9721[1]

星野リゾート Kia Ora ランギロア
日本語サイトはこちら
http://rangiroalagoon.com

熱帯魚とrendez-vous

ホテルのプライベートビーチから水上バンガロー近くのサンゴ礁でラグーンの中を歩いていくと
体の周りに「トゲチョウチョウウオ」が、近づいてきます最初は驚かれると思いますが、人懐っこいこのお魚達と戯れてみて下さい。

何度体験しても、水の中で思わず笑顔になってしまうこのブルーラグーン。
水温の上がる日中には、お魚はどこかに避難するので、朝からラグーンに入って下さい。

星野リゾート Kia Ora ランギロア
日本語サイトはこちら
http://rangiroalagoon.com

フレッシュココナッツ

一年に一度安全の為にココナッツの実をカットする作業をこの時期に行っています。
ココナッツカットの職人であるヴァロさんは、数十メートルあるココナッツツリーにロープ一つでするすると登る名人で、毎年ホテルのココナッツをカットしてくれています。
今日の昼間、のどが渇いたので、ヴァロさんに言って、カットして貰いました。
冷蔵庫で冷やしてから頂きます。

もしヴァロさんを見かけたら、遠慮なく、ココナッツを頼んで見て下さい。

img_9732

img_9745

星野リゾート Kia Ora ランギロア
日本語サイトはこちら
http://rangiroalagoon.com

スザンヌ2

日本語で「こんばんわ」とか「どうぞごゆっくりお召し上がりください」は、笑顔で言えるスザンヌ。
でもカメラを向けると表情が「硬い」のです。
自然にいつものスザンヌを撮影するには、私の話術では未だ無理なようです。
そんな素朴で、シャイな「ツアモツ人」と触れ合うのも、
このランギロアならではの魅力ではあります。

20160915-dsc_3527

お客様には、「笑顔」でスタッフと接して下さい。と変なお願いをしています。
お客様が笑顔なら、スタッフも笑顔でフレンドリーに接してくれます。
でも怖い顔をしたお客様には、誰も近づいてはくれません。
仕事ではなく、純粋に「人」としてお客様を見ているスタッフなので、怖い人は苦手なのです。

星野リゾート Kia Ora ランギロア
日本語サイトはこちら
http://rangiroalagoon.com

スザンヌ

ミキミキバーでいつも笑顔の「スザンヌ」は、日本語の猛特訓中の一人です。
「お部屋番号は?」と質問されたら、英語ではなく「1番です」と日本語で返事してあげて下さい。
数字も勉強中なので、決して「My room number is one」などと英語は返事しないであげてほしいです。
まだ「そうじゃなくて、日本語で返事して欲しいのです」とは云えませんので。

20160915-dsc_3521

星野リゾート Kia Ora ランギロア
日本語サイトはこちら
http://rangiroalagoon.com

最強の日差しのウェディング

仕事でタヒチアンダンスを踊るスタッフも「笑顔」です。
何故ならこの国の文化で最も重要なのは「笑顔」なのです。
でも強制してもダメです。微笑みかけるとすべてが上手く行きます。
シャイなツアモツ人ですけど、人に見られるのは本当は好きなのです。
そして、特訓の成果を披露する喜び、人を幸せにする喜びを感じ、
自分自身が一番楽しい。仲間と一緒に踊れるのが楽しい。
シンプルに生きているのです。

20160915-dsc_3645

星野リゾート Kia Ora ランギロア
日本語サイトはこちら
http://rangiroalagoon.com