珊瑚の島の天気予報

日本からお越しになられたお客様が異口同音に「ランギロアは雨が多いですね?」とお話しになられます。
インターネットの検索ワードで「ランギロア」「天気」と入力すると確かに雨の日が表示されていました。
しかも皆さんがお持ちになっているタヒチのガイドブックにもタヒチは12月から3月は「雨期」と明記しています。
にも関わらず、ランギロアは晴天率90%以上と記載している情報もあり、皆さんとても不安で
このフレンチポリネシアにお越しになられ、パペーテに到着したら、やはり「雨」。
騙された。というイメージでランギロアに到着してみて初めて、「あれっ晴れてるじゃん?」という感じでしょうか。
そしてホテルに到着するタイミングで真っ黒な日本人がレセプションでのお迎え。「コンニチワ」。と片言の日本語?

ご心配をお掛けしているようですが、ここは海底火山が沈下して外輪の珊瑚が残った珊瑚で形成された島。
ランギロアの属するこのツアモツ諸島は、土壌を形成するのは珊瑚であり、どこを掘っても珊瑚なので、すぐ海水が現れてきます。海抜ゼロメートルのこの珊瑚の島は、山も丘も無く、海に浮かぶヨットの様な環境です。
ということは、山も丘も無く、気候が特殊なのです。

ラグーンに浮かぶヨットの船先を見て、風上を確認。その方角が晴れていれば、「晴れ」。
ボートが出向できる「風」がキーポイントで風が強いと晴れていてもボートは出航できません。
全くもって高い山がないこの島は、雨はすぐに通り過ぎるので、雨かどうかなんて、誰も気にしていません。
もちろん、毎日のように雨は明け方に降ります。雨が降らないと村人は生きてはいけません。

でも、日焼け対策をしても、これだけ色の黒い日本人を見て、そして始めて、
そうか?ランギロアの雨は毎日降るけど、日差しは強いかも?」と疑心暗鬼。
たまにですが、私を日本人だと信じてくれず、私を二度見されるほど、日焼けしてしまいます。

ご滞在中に「晴天率が90%」っていいうのは、私の肌の色を見て、このブルーラグーンの色を見て信じ始めてくれます。

雨というと日本の梅雨のような一日中、雨をイメージする日本のお客様。
でも日中は、体が溶けるほどの強い日差し・晴天が一年中、続いているこのランギロア。
インターネットで天気を調べない方が良いです。毎朝スコールは降るのである意味天気予報は正しいのです。

雨はこの星空を撮影している最中も一瞬降りました。でもすぐに止みました。
雲を見れば、5分後の天気が分かる。そんな*広い空*です。
訪れないとこの楽園の美しさは信じて頂けないのかも知れません。
そして、こんな美しい景色を見れないタイミング来られたお客様。ごめんなさい。
もう一度、挑戦してみて下さい。ここは、地球の自然。そのものなのです。
そんな美しい景色で寛ぐこの贅沢。
何度も訪ねないと見れない景色という表現で今後は訴求する方向で考えます。
ここには、皆さんが見たことが無い景色が本当に実在しているのです。

*広い空の意味:ライロア ⇒ ランギロア

20170202

星野リゾート Kia Ora ランギロア
日本語サイトはこちら
http://rangiroalagoon.com

アフリカンポンパーノ

ティプタパスで潜ることが多いですが、アバトルパスも島の反対側にあり、
違う種類の魚達に出会える楽しみがあります。

これはある日、アバトルパスで遭遇したイトヒキアジ(アフリカンポンパーノ)の大群の内の一尾。

食べると美味のようですが、その尾びれと背びれの異様な長さがこの魚の特徴です。なんでこんなに長いのか、
何かの意図があってのことでしょうが、不思議としか云わざるを得ません。
その圧倒的な長さに驚きしかありませんでした。

20161106-DSCN1655

星野リゾート Kia Ora ランギロア
日本語サイトはこちら
http://rangiroalagoon.com

ランギロアワインの畑を上空からショットする方法

海底火山が沈下した後に残った珊瑚礁で形成されたこのランギロア環礁。
地面を掘っても、海水しか出てきません。

そんな珊瑚で作られるこの奇跡のランギロアワインの畑を上空から撮影するには、タヒチ国内便の前から2列目までの右側の座席を確保する必要があります。一番前は非常出口なので、フランス語か英語が出来ないとダメですが、文章を読んで大丈夫と勇気を持って答えれば大丈夫です。

フライトの座席は自由席なので、10分ぐらいは早めに並んでないと目的の座席は確保出来ませんし、
多様な国からお客様は来られているので、国民性とその個人のモラルにより
搭乗時に並んでいても、ガタイに押されて日本の方は、力負けしてしまいます。
笑顔で「あっ急いでいるの?どうぞどうぞ」と南国らしく相手に譲ってあげても良し、
肩を入れて力勝負しても良し、その時の感情で勝負してみましょう。
笑顔であれば、この勝負には勝てますが、もしかしてお相手が、同じホテルに滞在する方やダイビングを一緒に潜るかも知れないので、覚悟を持って勝負して下さい。

因みに左側に座るとブルーラグーンを上空から撮影出来ます。
プロペラが写真に写っても良い人は、68席の座席のどこに座られても窓側であれば大丈夫です。

IMG_9721[1]

星野リゾート Kia Ora ランギロア
日本語サイトはこちら
http://rangiroalagoon.com

熱帯魚とrendez-vous

ホテルのプライベートビーチから水上バンガロー近くのサンゴ礁でラグーンの中を歩いていくと
体の周りに「トゲチョウチョウウオ」が、近づいてきます最初は驚かれると思いますが、人懐っこいこのお魚達と戯れてみて下さい。

何度体験しても、水の中で思わず笑顔になってしまうこのブルーラグーン。
水温の上がる日中には、お魚はどこかに避難するので、朝からラグーンに入って下さい。

星野リゾート Kia Ora ランギロア
日本語サイトはこちら
http://rangiroalagoon.com

フレッシュココナッツ

一年に一度安全の為にココナッツの実をカットする作業をこの時期に行っています。
ココナッツカットの職人であるヴァロさんは、数十メートルあるココナッツツリーにロープ一つでするすると登る名人で、毎年ホテルのココナッツをカットしてくれています。
今日の昼間、のどが渇いたので、ヴァロさんに言って、カットして貰いました。
冷蔵庫で冷やしてから頂きます。

もしヴァロさんを見かけたら、遠慮なく、ココナッツを頼んで見て下さい。

img_9732

img_9745

星野リゾート Kia Ora ランギロア
日本語サイトはこちら
http://rangiroalagoon.com

空へ

夕方16時から18時にラグーンの海水がオーシャンに吐き出されると間違いなく野生のイルカ達がジャンプに訪れます。
これは、明るい時間帯に訪れた際のシャッターチャンスを逃さずに撮影できた時のものです。

良い角度がジャンプしてくれました。

毎週、火曜日と木曜日と土曜日には17時からホテル前からイルカが見れるティプタパスまでシャトルバスが無料で出発しています。
もちろん、この時間にジャンプしてくれれば最高ですが、それ以外の時間に跳ねるのであれば、
歩いて15分、自転車で5分のこの場所に遊びに来てください。

仮に跳ねなくても、見晴らしが良い場所ですし、気持ちの良いこと間違いなしです。

20161110-dsc_4567

星野リゾート Kia Ora ランギロア
日本語サイトはこちら
http://rangiroalagoon.com

体落とし

大量の海水が排出される時、外洋から押し寄せる波とぶつかり合い、海水が行き場を失い、ウネリとなります。
そこの野生のイルカ達がジャンプしに集合し、多様なジャンプで技を競い合います。
最初に人に慣れたイルカから後世に引き継がれ、今やティプタパスのイルカ達は、人間を危害を加えない仲間だと認識してくれています。
ダイバーの皆さん、(私も含む)どうか、イルカを驚かさないで、優しく遊んであげて下さい。

20161111-dsc_4855

星野リゾート Kia Ora ランギロア
日本語サイトはこちら
http://rangiroalagoon.com

息を合わせて

凄く高く飛ぶロングジャンプを目撃すると、毎日のように観察していても、思わず声がでそうになります。
只、カメラと反対側を向いて飛んでいることもしばしば。
このカットは、ロングジャンプではありませんが、大きさの違う2頭の顔を良く見えるカットです。
イルカを見に日本から女性グループがお越しになったり、ダイビングで有名なランギロアにも
ダイビング以外を楽しみにお越し頂いています。
「イルカを見たいんです。」とチェックイン時にお伺いすると「水の中ですか?陸上からですか?」とお客様にとっては、
意味不明の質問をしてしまいます。どちらも見れるので、ここにいる人間としては、シンプルな質問なのですが、
「???」というのが、お客様の反応なので、その時は、基本に戻り「歩いて15分の場所でイルカが見れます」と
飛ぶ時間を予測してお伝えしています。
今はスタッフも「何時に飛ぶの?」と聞いてくれるようになりました。以前までは、「本当にイルカが好きなんだなぁ」と
からかわれていましたが、イルカ博士になるつもりはありません。ここでしか出会えないそんな瞬間を見逃さないで欲しいだけです。

20161110-dsc_4740

星野リゾート Kia Ora ランギロア
日本語サイトはこちら
http://rangiroalagoon.com

自由なジャンプ

イルカの跳ねる時間は毎日違います。ラグーンの大量の海水が、オーシャンに放出されるタイミングにティプタパスに出向けば、陸上からイルカのジャンプの競演が楽しめるのです。ロングジャンプ・背面飛び・複数の同時ジャンプ・クロスジャンプ等数えきれない自由な跳ね方で自己表現を繰り替えるイルカ達。
ベンチに腰掛け、何も考えず、シンプルにその表現を受け入れる。
こんな瞬間を楽しんでみるのも、世界観が変わるきっかけになるかも知れません。
ここランギロアは、南国ですから、細かいことは誰も気にしていません。人間も生物もシンプルです。

20161111-dsc_4854

星野リゾート Kia Ora ランギロア
日本語サイトはこちら
http://rangiroalagoon.com

イルカとの遭遇

ダイビング中には野生のイルカ達と出会うこともあります。何十回潜っても見れない方もいるようですが、大抵の方は、結構な確率で出会うことが出来ます。
イルカ達は、顔なじみのインストラクターと一緒に泳いだ後、新参者のダイバーひとりひとりの顔を確認しにやってきます。出会ったらきちんと優しくご挨拶をお願いします。

ドリフトシュノーケリングやドルフィン・シュノーケリングでももちろん、イルカに遭遇します。イルカは、子供がいたりすると興味を持って寄ってきますが、普通はシュノーケリングでは近寄ってはくれません。是非、ダイビングでイルカと一緒に泳ぎましょう。

先日、ある女性ダイバーとお話ししていたら、数年前、お腹にお子さんを宿している時にシュノーケリングしていたら、なんとイルカが興味を持って寄ってきたそうです。イルカには赤ちゃんがお腹にいることが分かるようで、それぞれダイバーの皆さんは色々なイルカとの不思議なお話しをお持ちなのがとても興味深いです。

星野リゾート Kia Ora ランギロア
日本語サイトはこちら
http://rangiroalagoon.com