雲がある日の夕焼け

先週はしばらく晴天に恵まれていたのですが、

昨日は天候が不安定で雲が広がっていました。

でも、ガッカリしないでください!

そんな日には、こんな美しい夕焼けに出逢えることも!!

Miki Kimi Barは特等席!

雲があればこその光景です☺

夜には星も出ていましたよ。

 

星野リゾート Kia Ora ランギロア

お客様便り

先日ハネムーンでお越しになったお客様から滞在時の写真を頂戴しました。
あまりに美しいので、お客様の許可を得て、「お客様便りとして」掲載させて頂きます。
楽しまれている様子が一枚一枚に投影されていて、拝見するだけで幸せな気持ちになります。
「お幸せに!!」
IMG_0180[1]

IMG_0181[1]

IMG_0182[1]

IMG_0184[1]

IMG_0185[1]

IMG_0186[1]

IMG_0187[1]

IMG_0188[1]

IMG_0189[1]
IMG_0190[1]

おこがましいですが、ご主人が撮影されたどの画像も、とてもセンスが良くて勉強になります。

星野リゾート Kia Ora ランギロア
日本語サイトはこちら
http://rangiroalagoon.com

野生のジャンプ

ラグーンで育まれたプランクトンが、6時間に一度大量に一斉にオーシャンに流れ出します。
その外洋に流れでるタイミングで、野生のバンドウイルカたちが、ウネリに目掛けてジャンプを繰り出します。
皆さん、野生のイルカがホテルから歩いてほんの一キロの距離で、陸から楽しめることをご存知で、
このランギロアにお越しになりますが、たまにですが、チェックイン時にその旨をお伝えすると凄く驚かれます。
まだまだ、野生のイルカが見れるこのランギロアの魅力が伝わっていません。
いつもご覧いただいている方には、「またイルカの写真か」と思われるでしょうが、
日本では小笠原諸島、タヒチではこのランギロアにお越し頂かないとこのジャンプが見れないことを
後数年は、伝え続けなくてはならない。そんな使命を感じております。
今日も「ジャンプ」明日も「ジャンプ」なのです。
アキレス腱が切れそうです。

%e2%98%8620160828-dsc_3203

星野リゾート Kia Ora ランギロア
日本語サイトはこちら
http://rangiroalagoon.com

スザンヌ2

日本語で「こんばんわ」とか「どうぞごゆっくりお召し上がりください」は、笑顔で言えるスザンヌ。
でもカメラを向けると表情が「硬い」のです。
自然にいつものスザンヌを撮影するには、私の話術では未だ無理なようです。
そんな素朴で、シャイな「ツアモツ人」と触れ合うのも、
このランギロアならではの魅力ではあります。

20160915-dsc_3527

お客様には、「笑顔」でスタッフと接して下さい。と変なお願いをしています。
お客様が笑顔なら、スタッフも笑顔でフレンドリーに接してくれます。
でも怖い顔をしたお客様には、誰も近づいてはくれません。
仕事ではなく、純粋に「人」としてお客様を見ているスタッフなので、怖い人は苦手なのです。

星野リゾート Kia Ora ランギロア
日本語サイトはこちら
http://rangiroalagoon.com

スザンヌ

ミキミキバーでいつも笑顔の「スザンヌ」は、日本語の猛特訓中の一人です。
「お部屋番号は?」と質問されたら、英語ではなく「1番です」と日本語で返事してあげて下さい。
数字も勉強中なので、決して「My room number is one」などと英語は返事しないであげてほしいです。
まだ「そうじゃなくて、日本語で返事して欲しいのです」とは云えませんので。

20160915-dsc_3521

星野リゾート Kia Ora ランギロア
日本語サイトはこちら
http://rangiroalagoon.com

サンセットのラグーン

ダイビングやブルーラグーンを楽しんだ後の一日の終わりは、ティプタパスでイルカのジャンプを見るも良し、
水上バーで水平線に沈みゆく太陽をのんびりと楽しんで下さい。
ここランギロアは正に楽園、アッと云う間の一日が過ぎてしまいます。

水上バーから人に寄ってくる魚を楽しむも良し、一人でこの桟橋で心地よい風に吹かれて、
ランギロアの夕刻はきっと忘れられないシーンになること間違いありません。

DSC_5448

星野リゾート Kia Ora ランギロア
日本語サイトはこちら
http://rangiroalagoon.com

日没を楽しむ時間

野生のイルカを島に暮らす人々も見に集まるこの「ティプタパス」。恋人と過ごす人、友人と会話を楽しむ人、お子様とのんびりと大切な時間をここで過ごします。

もちろん、ホテルやペンションに泊まっている観光の方達もこのティプタパスで、イルカを見に集まってきます。仮にイルカのジャンプが見れない日があっても、皆さんここで大切な時間を過ごされます。

外洋の猛々しい荒波と広い空、一日の終わりにここで日が沈むまでのんびりと時間を楽しみます。

DSC_3501

ホテルから歩いて丁度一キロ、自転車で良いですが、お二人でのんびり歩かれることをお勧めします。のんびり。のんびり。です。

星野リゾート Kia Ora ランギロア
日本語サイトはこちら
http://rangiroalagoon.com

水平線に沈む夕陽

ホテルに到着した夕方、水上バーでトロピカルカクテルを楽しみながら、水平線に沈む夕陽を眺めるのは如何でしょうか。雲がない日よりある程度雲があるとキャンパスにオレンジ色の絵の具で書きなぐるように空と海がオレンジに染まります。太陽が沈んでもすぐに帰っては駄目です。沈んでからが、本番で、マジックアワーと呼ばれる至福の時が訪れます。

20141201-DSC_6365

星野リゾート Kia Ora ランギロア
http://rangiroalagoon.com

Sunset at Miki Miki Bar

野生のイルカのジャンプを見た後は、ホテルに戻りバーから水平線に沈む夕陽を堪能して下さい。陽が沈んだ後からが本番で、マジックアワーと云われる時間帯が始まります。雲がキャンパスと化し、夕陽が映りこみようやく南国の一日は終わりを迎えます。

IMG_4767

星野リゾート Kia Ora ランギロア
http://rangiroalagoon.com