亀さんとの遭遇

ドリフトシュノーケリングで大物に出逢えたお客様は、とても感動されています。
マンタ・ナポレオンフィッシュなどダイビングでしか出会えない生物に遭遇することが出来るこのランギロアでの
ドリフトシュノーケリング。
「ドリフト」?って、良く質問をお受けします。
潮の流れに乗って、ワイルドに流れる。という感じです。
ドリフトダイビング・ドリフトシュノーケリング。共に潮の流れにのって楽しむスポーツです。

日本の方に人気なのは、亀に出逢えた時。
可愛いって皆さん仰いますが、さて、どうでしょうか?

外洋からラグーンに潮の流れが入ってくるタイミングで、ドリフトシュノーケリングは開催しているので、
毎日出発の時間は変わります。前日の夜、キャプテンに電話して催行のタイミングを決定しています。
泳げない人も海に飛び込む勇気があれば大丈夫。キャプテンが大きな浮き輪を引っ張ってくれますので、
安心して透明度の高いランギロアの海の中を覗いてみて下さい。

ラッキーなお客様は、ハンマーヘッドシャークやイルカと遭遇することが出来ました。
せっかくランギロアにお越しになったのですが、お部屋から飛び出して、
ドリフトシュノーケリングを楽しんで下さい。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

星野リゾート Kia Ora ランギロア
日本語サイトはこちら
http://rangiroalagoon.com

イルカとの遭遇

ダイビング中には野生のイルカ達と出会うこともあります。何十回潜っても見れない方もいるようですが、大抵の方は、結構な確率で出会うことが出来ます。
イルカ達は、顔なじみのインストラクターと一緒に泳いだ後、新参者のダイバーひとりひとりの顔を確認しにやってきます。出会ったらきちんと優しくご挨拶をお願いします。

ドリフトシュノーケリングやドルフィン・シュノーケリングでももちろん、イルカに遭遇します。イルカは、子供がいたりすると興味を持って寄ってきますが、普通はシュノーケリングでは近寄ってはくれません。是非、ダイビングでイルカと一緒に泳ぎましょう。

先日、ある女性ダイバーとお話ししていたら、数年前、お腹にお子さんを宿している時にシュノーケリングしていたら、なんとイルカが興味を持って寄ってきたそうです。イルカには赤ちゃんがお腹にいることが分かるようで、それぞれダイバーの皆さんは色々なイルカとの不思議なお話しをお持ちなのがとても興味深いです。

星野リゾート Kia Ora ランギロア
日本語サイトはこちら
http://rangiroalagoon.com

アウトリガーカヤック

ホテル目の前のプライベートビーチは、目の前に珊瑚が沢山あるので、魚の活動が活発な朝は特にお魚を多く目にすることが出来ます。もちろん、カヌーやカヤックで波の穏やかで安全なラグーンで、のんびりと過ごすことも出来ます。最初は息が合わず、苦戦しますが、その内に要領を得て、スムースに進みだします。
ある方は、競技のように二人でずっとパドルを漕がれる方もいれば、パドルを漕ぐこともやめ、お二人で同じ方向をのんびりと眺めて過ごす方もおられます。時を一緒に過ごす仲間だからこそ、言葉は必要なく、黙ってのんびりと過ごしておられる姿を見ると「美しいな」という言葉以外は浮かばず、「お幸せに」と見ているものまで、「ほっこり」とさせられます。

%e5%a4%a7%e5%86%85%e6%a7%98-20160801-img_7994

星野リゾート Kia Ora ランギロア
日本語サイトはこちら
http://rangiroalagoon.com

天然の水族館

ホテルからボートで5分で到着するティプタパス。そこで、アクアリウムという無人島でシュノーケリングをを楽しむエクスカーションを催行しています。約1時間魚と戯れると本当に心と体のリラックスできます。この非日常の世界で水中で珊瑚に生息する魚と触れ合いランギロアの海の素晴らしさを楽しんでください。

DSCN1465

星野リゾート Kia Ora ランギロア

http://rangiroalagoon.com

サーフ

4月にランギロアでサーフィンの大会が開かれると聞き、早速アバトル村のオーシャンサイドへバイクで向かいました。1年に1度ということで、オーストラリアやニュージーランドからもサーファーが訪れているようで、結構盛り上がっていました。

サーフィン1 サーフィン2

ランギロア島では、珊瑚の島ですから、リーフに囲まれていてこの場所が唯一サーフィンが出来る場所のようです。

星野リゾート Kia Ora ランギロア

http://rangiroalagoon.com