島のパブリックビーチでスノーケリング

前回もお伝えしたパブリックビーチですが、スノーケルもできます。

あんまり魚がいないかな~と思っていたのですが、思いのほか楽しむことが出来ます。

星野リゾート Kia Ora ランギロア
日本語サイトはこちら
<a href=”http://rangiroalagoon.com”>http://rangiroalagoon.com</a>

アクアリウム

昨日は、ドルフィンウォッチツアーにお客様と一緒に参加してきました。
前半の1時間は、ボートでティプタパスに出向き、イルカを探します。当然船酔いされやすい方にはお勧めはできませんが、全然大丈夫な方は、目の前でイルカがジャンプする大迫力を体感して頂きたいです。
イルカの動画は、次回以降にアップロードしますが、まずはドルフィンウォッチツアーの後半であるアクアリウムでの様子を公開させて頂きます。

アクアリムに到着し、ラグーンに飛び込めば、魚達がお出迎えしてくれます。ツマリテングハギ(Spotted unicornfish)と
赤い魚は、ヒメフエダイ(Humpback red snapper)です。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

これはロクセンスズメダイ(Scissortail sergeant)とヒエフエダイ。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ヒメフエダイは、アクアリウムにも沢山いますが、ダイビングで外洋で出会うと群れがとてつもなく凄くて、まるで山が動いているように群れる魚です。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

セナスジベラ(Sixbar wrasse)が、私にまとわりついてくるので、撮影しておきました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ランギロアのラグーンも魚で一杯です。
水上バンガローの下にも一杯多様な魚が見れますが、アクアリムに出向き、ボートから飛び込むのも最高です。
体験ダイブを最近はお勧めしていて、ダイビングライセンスの無いお客様にも、ダイビングを楽しんで貰っています。
最初のダイビングやリフレッシュダイビングがこのアクアリウムで行っています。
ライセンスが無くても三度目にはオーシャンで、ダイビングが出来ますので、ランギロアの透明度に驚いて下さい。

星野リゾート Kia Ora ランギロア
日本語サイトはこちら
http://rangiroalagoon.com

お魚ですか?目の前にいますけど….

チェックイン時に「お魚はいますか?」とお客様に質問されることがあります。
思わず「はい?!」と少し驚いてしまいます。
このツアモツ諸島は珊瑚で形成された島ですから、珊瑚にはお魚が沢山生息していますので、
私的には沢山いるのが当たり前なので、反応が失礼な場合があります。
お許し下さい。

このイエローバタフライフィッシュ(トゲチョウチョウウオ)はツガイで行動しています。たまに一人の人もいますけど。
パンを上げると水が汚れるので撮影に不向きです。上げなくても「頂戴」と寄ってきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

寄ってきてほしくないのは、このゴマモンガラさん。珊瑚を砕く鋭い歯を持つ醜いこの方。
産卵期には、卵を守る為に追いかけてきて嚙みつきます。海底を一生懸命掘っているので、
直ぐに分かります。近づかずにそっと離れれば安全です。毒は持っていませんが、
もし、噛まれたら、翌日からは海に入ることは御止めします。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

水上バンガローの下の珊瑚には沢山の魚が群れを成していますので、水中の温度が上がる前の
朝7時30分くらいから、シュノーケリングで魚と遊んでください。

星野リゾート Kia Ora ランギロア
日本語サイトはこちら
http://rangiroalagoon.com

熱帯魚とrendez-vous

ホテルのプライベートビーチから水上バンガロー近くのサンゴ礁でラグーンの中を歩いていくと
体の周りに「トゲチョウチョウウオ」が、近づいてきます最初は驚かれると思いますが、人懐っこいこのお魚達と戯れてみて下さい。

何度体験しても、水の中で思わず笑顔になってしまうこのブルーラグーン。
水温の上がる日中には、お魚はどこかに避難するので、朝からラグーンに入って下さい。

星野リゾート Kia Ora ランギロア
日本語サイトはこちら
http://rangiroalagoon.com