島のパブリックビーチでスノーケリング

前回もお伝えしたパブリックビーチですが、スノーケルもできます。

あんまり魚がいないかな~と思っていたのですが、思いのほか楽しむことが出来ます。

星野リゾート Kia Ora ランギロア
日本語サイトはこちら
<a href=”http://rangiroalagoon.com”>http://rangiroalagoon.com</a>

ロビンソン・クルーソー

キアオラから船で約1時間のところにある
ル・ソバージュ
島一周15分程度のこの島には5部屋の客室があります。
島には電気もありません。

砂浜でゴロゴロしたり、木陰でハンモックに揺られたり、
時には隣島にエクスカーションに出かけたり、、、

ロビンソン・クルーソーのように無人島に漂着したような気分になる、
とお客様は仰います。

島で迎えてくれるホストのミッシェルと相棒ベル

電気がないので夜には満天の星空です。

 

星野リゾート Kia Ora ランギロア
日本語サイトはこちら
http://rangiroalagoon.com

ハッピー8(エイト)


キアオラの敷地内でもいたるところに咲いている
この花は、

ティアレ・タヒチ

と言ってフレンチポリネシアの国花で
とても香りが豊かです。

 

 

 

ティアレは花によって花びらの数がいろいろあります。
5枚だったり6枚だったり7枚だったり。。。

 

 

なかでも珍しいといわれているのが花びらが8枚のティアレ。
見つけると幸せが訪れると言われています。

以前ご滞在のお客様が花びら8枚のティアレを発見して
ハッピー8(エイト)!!
と名付けていらっしゃいました。

ランギロアの人は女性も男性も関係なく頭に花を飾ったりするのですが、
花びら8枚のティアレはスタッフにも大人気です。

因みに花言葉は
「私はとても幸せです」とか「幸せすぎる」と言うそうです。

 

星野リゾート Kia Ora ランギロア
日本語サイトはこちら
http://rangiroalagoon.com

ランギロアのフルムーン

日本では10月4日が満月、今年の十五夜にあたる日だったようですが、ランギロアでは10月5日が満月です。

ランギロアにはお月見の習慣はそうですが、
月はすごく明るくて、まるでライトがついたみたいに島を明るく照らします。
海に移る月の光もとても美しいものです。

星野リゾート Kia Ora ランギロア
日本語サイトはこちら
http://rangiroalagoon.com

Farerei haga 2017 ③

昨日に引き続き、
本日は、ココナッツの実に向かって槍を投げて得点を競う競技を紹介します。

昔から行われている伝統的な競技らしいです。

女性部門と男性部門があり、ココナッツの実を立てる高さや、そこまでの距離が男性の方が高く、そして遠くなります。
1人10本の槍を持っています。

ココナツの実にはラインが引いてあり、
7分間の間に10本投げる⇒投げ終わったら回収してまた7分の間に投げる
というのを何度か繰り返し、槍がどこに刺さったかで得点を競います。
ココナッツの頭頂部が高得点のようです。
一度刺さってもそのあと落ちたらダメなんだとか。。。
すごく難しそうで、なかなか命中していませんでした。

競技が終わったらそのまま解散、となっていたので、
私には結局誰が一位だったのか分らずじまいでしたが。。。

表彰式は夜の部で行われます。

星野リゾート Kia Ora ランギロア
日本語サイトはこちら
http://rangiroalagoon.com

ドルフィンショー🐬

ランギロアには、陸上から野生のイルカがジャンプするところを観られる場所があります。

ジャンプするかどうかはイルカの気分次第ですが、波が大きいときほどジャンプを観られる
確率が高くなります。

イルカたちはビッグウェイブが大好き。

本当に楽しそうにサーフィンしたりジャンプしたりするんです。子供のイルカも頑張っています。

あまりに楽しそうなので、イルカになってみたいと思うのでした。

そんなイルカを観に行く無料のシャトルバスが毎週、火・木・土曜日の17時に
レセプション前から出発しています。

予約は必要ありませんのでお気軽にご参加ください☆

イルカたちは波がないとジャンプしないので、毎日同じ時間にジャンプするとは限りません。

波ができやすい時間帯は毎日変わりますので興味のある方はアクティビティースタッフ
に聞いてみてくださいね。

星野リゾート Kia Ora ランギロア
日本語サイトはこちら
http://rangiroalagoon.com

レセプションの屋根が新しくなりました

ここ1ヶ月ほど、レセプションの屋根の張り替え工事を行っていました。
この屋根は天然素材を使っているので、5年に1度くらいの周期で張り替えが行われます。

パンダナス(日本ではタコノキ、アダン)という木の葉で作られていてるのですが、
ランギロアにはあまり生息していないので、他の島から船でやって来るのだそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

丁寧に乾燥され、ある程度の大きさに組まれた葉を、一つ一つ手作業で張っていきます。
屋根の高さは高いところでは10mにもなります。

張り替えてみると屋根の色が明らかに色が違うのがわかります。
(右がまだ張り替えていないところ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして完成。
新しい屋根で、皆様をお迎えしています。

星野リゾート Kia Ora ランギロア
日本語サイトはこちら
http://rangiroalagoon.com

 

ライロア(果てしない空)

ランギロアの名前の由来となっているのが、
広大な空を意味する「ライロア」という言葉です。

年に数回だけラグーンと空が同じ色になり、水平線が無くなる日がある。
そんな様を見て名付けられたのだとか。

納得ですね。

星野リゾート Kia Ora ランギロア
日本語サイトはこちら
http://rangiroalagoon.com

南十字星☆

南半球に位置するランギロア。
夜空の美しさは格別です。

特に、南十字星は、日本など北半球では観られるところが少ないので、
ランギロアに来たら南十字星を観る!
というのも滞在の一つの楽しみになるのではないかと思います。

全天で88星座ある中で、一番小さい星座がこのみなみじゅうじ座(南十字星)です。

似たような十字に見える星もあるのですが、本物の南十字星の目印は左の明るい2つの1等星と十字の右下にある5つ目の星。(エクボ星とも呼ばれます)

最近は夜19時には南の空を見上げたちょうど正面辺りにキレーに十字の形がみえます。

星野リゾート Kia Ora ランギロア
日本語サイトはこちら
http://rangiroalagoon.com

ココヤシ

初めてこの島に降り立った日。

このヤシの木の風景に圧倒されたのを覚えています。

これぞ常夏の島!

を思わせるヤシの木の群生。

これを見ただけで、あー南国にやってきたんだなーと一気に気分が盛り上がりました。

南の島というと、沢山のトロピカルフルーツを想像される方が多いのではないでしょうか?

しかしランギロアは土壌が貧弱なので、野菜やトロピカルフルーツを育てるのはとても大変だそうで、島中どこをみても、見かけるのはココヤシ、ココヤシ、ココヤシ、、、パンノキ、パンノキ、ココヤシ、、、といった感じ。(パンノキについてはまたいつかご紹介します)

私はココナッツが大好きで、流行りのココナッツウォーターが毎日飲めるのではないかと期待していたのですが、どこにも売っていなくて、、、こんなにココヤシだらけなのに、と、とても不思議でした。

聞くところによると、家庭ではフレッシュココナッツウォーターを飲むこともあるそうですが、フレッシュで飲むよりも、しばらくおいて茶色くなったココナッツ(オールドココナッツ)をタヒチ島に出荷して、ココナッツオイルに加工する方がいいお金になるのだとか。

 

 

 

 

 

 

星野リゾート Kia Ora ランギロア
日本語サイトはこちら
http://rangiroalagoon.com