アクアリウム

昨日は、ドルフィンウォッチツアーにお客様と一緒に参加してきました。
前半の1時間は、ボートでティプタパスに出向き、イルカを探します。当然船酔いされやすい方にはお勧めはできませんが、全然大丈夫な方は、目の前でイルカがジャンプする大迫力を体感して頂きたいです。
イルカの動画は、次回以降にアップロードしますが、まずはドルフィンウォッチツアーの後半であるアクアリウムでの様子を公開させて頂きます。

アクアリムに到着し、ラグーンに飛び込めば、魚達がお出迎えしてくれます。ツマリテングハギ(Spotted unicornfish)と
赤い魚は、ヒメフエダイ(Humpback red snapper)です。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

これはロクセンスズメダイ(Scissortail sergeant)とヒエフエダイ。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ヒメフエダイは、アクアリウムにも沢山いますが、ダイビングで外洋で出会うと群れがとてつもなく凄くて、まるで山が動いているように群れる魚です。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

セナスジベラ(Sixbar wrasse)が、私にまとわりついてくるので、撮影しておきました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ランギロアのラグーンも魚で一杯です。
水上バンガローの下にも一杯多様な魚が見れますが、アクアリムに出向き、ボートから飛び込むのも最高です。
体験ダイブを最近はお勧めしていて、ダイビングライセンスの無いお客様にも、ダイビングを楽しんで貰っています。
最初のダイビングやリフレッシュダイビングがこのアクアリウムで行っています。
ライセンスが無くても三度目にはオーシャンで、ダイビングが出来ますので、ランギロアの透明度に驚いて下さい。

星野リゾート Kia Ora ランギロア
日本語サイトはこちら
http://rangiroalagoon.com

亀さんとの遭遇

ドリフトシュノーケリングで大物に出逢えたお客様は、とても感動されています。
マンタ・ナポレオンフィッシュなどダイビングでしか出会えない生物に遭遇することが出来るこのランギロアでの
ドリフトシュノーケリング。
「ドリフト」?って、良く質問をお受けします。
潮の流れに乗って、ワイルドに流れる。という感じです。
ドリフトダイビング・ドリフトシュノーケリング。共に潮の流れにのって楽しむスポーツです。

日本の方に人気なのは、亀に出逢えた時。
可愛いって皆さん仰いますが、さて、どうでしょうか?

外洋からラグーンに潮の流れが入ってくるタイミングで、ドリフトシュノーケリングは開催しているので、
毎日出発の時間は変わります。前日の夜、キャプテンに電話して催行のタイミングを決定しています。
泳げない人も海に飛び込む勇気があれば大丈夫。キャプテンが大きな浮き輪を引っ張ってくれますので、
安心して透明度の高いランギロアの海の中を覗いてみて下さい。

ラッキーなお客様は、ハンマーヘッドシャークやイルカと遭遇することが出来ました。
せっかくランギロアにお越しになったのですが、お部屋から飛び出して、
ドリフトシュノーケリングを楽しんで下さい。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

星野リゾート Kia Ora ランギロア
日本語サイトはこちら
http://rangiroalagoon.com

ラゴンブルー

ブルーラグーンというモツピクニック。パペーテからランギロアにフライトしている時、このブルーラグーンが見えます。
朝9時にホテルからボートで出発。1時間でこの絶景に到着。但し、ボートは着岸出来ないので、
ボートから降りて珊瑚の上を歩かないと行けないので、マリーンシューズは必要です。
ビーチサンダルだと珊瑚で足を怪我してしまいますから。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

幻の鳥「VINI」は未だ見たことは無いですが、きっと未だいると信じて、探してみます。これはなんていう鳥か知りませんが、人を怖がらない鳥でした。こうしてVINIも捕獲されつくしたんでしょうね。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ブルーラグーンには珊瑚が多くないので、お魚はあまりいません。
でも遠浅の美しいビーチでシュノーケリングすると天然の温泉のように心と体がプカプカと幸せになります。
珊瑚が少ない場所なので、ホテルから近くのアクアリウムでお魚は楽しんで貰うとして、
ここでは、ブルーラグーンのオーシャンサイド、「シャークシティ」と呼ばれる場所で、
バーベキューの残りを船の上からサメに与える様子を楽します。
私のようにサメと泳ぐ必要はありませんが、怖くないので、勇気のあるかたはどうぞ、挑戦して下さい。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ボートの上からは、迫力のシーンが楽しめます。現れるサメは、ブラックティップシャークと大きなレモンシャーク。
レモンシャークは最大5メートルにもなるそうです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

片道1時間でのボートに慣れない方は、船酔いの薬をお忘れなく。それと間違いなく日焼けします。
美肌の女性は、対策をお願いします。ブルーラグーン最高です!!

星野リゾート Kia Ora ランギロア
日本語サイトはこちら
http://rangiroalagoon.com

お魚ですか?目の前にいますけど….

チェックイン時に「お魚はいますか?」とお客様に質問されることがあります。
思わず「はい?!」と少し驚いてしまいます。
このツアモツ諸島は珊瑚で形成された島ですから、珊瑚にはお魚が沢山生息していますので、
私的には沢山いるのが当たり前なので、反応が失礼な場合があります。
お許し下さい。

このイエローバタフライフィッシュ(トゲチョウチョウウオ)はツガイで行動しています。たまに一人の人もいますけど。
パンを上げると水が汚れるので撮影に不向きです。上げなくても「頂戴」と寄ってきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

寄ってきてほしくないのは、このゴマモンガラさん。珊瑚を砕く鋭い歯を持つ醜いこの方。
産卵期には、卵を守る為に追いかけてきて嚙みつきます。海底を一生懸命掘っているので、
直ぐに分かります。近づかずにそっと離れれば安全です。毒は持っていませんが、
もし、噛まれたら、翌日からは海に入ることは御止めします。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

水上バンガローの下の珊瑚には沢山の魚が群れを成していますので、水中の温度が上がる前の
朝7時30分くらいから、シュノーケリングで魚と遊んでください。

星野リゾート Kia Ora ランギロア
日本語サイトはこちら
http://rangiroalagoon.com

アフリカンポンパーノ

ティプタパスで潜ることが多いですが、アバトルパスも島の反対側にあり、
違う種類の魚達に出会える楽しみがあります。

これはある日、アバトルパスで遭遇したイトヒキアジ(アフリカンポンパーノ)の大群の内の一尾。

食べると美味のようですが、その尾びれと背びれの異様な長さがこの魚の特徴です。なんでこんなに長いのか、
何かの意図があってのことでしょうが、不思議としか云わざるを得ません。
その圧倒的な長さに驚きしかありませんでした。

20161106-DSCN1655

星野リゾート Kia Ora ランギロア
日本語サイトはこちら
http://rangiroalagoon.com

熱帯魚とrendez-vous

ホテルのプライベートビーチから水上バンガロー近くのサンゴ礁でラグーンの中を歩いていくと
体の周りに「トゲチョウチョウウオ」が、近づいてきます最初は驚かれると思いますが、人懐っこいこのお魚達と戯れてみて下さい。

何度体験しても、水の中で思わず笑顔になってしまうこのブルーラグーン。
水温の上がる日中には、お魚はどこかに避難するので、朝からラグーンに入って下さい。

星野リゾート Kia Ora ランギロア
日本語サイトはこちら
http://rangiroalagoon.com

ドリフトシュノーケリング

ランギロアでしか体験でいない潮の流れに乗って行うシュノーケリング「ドリフトシュノーケリング」。
ホテルの目の前からボートで5分、ティプタパスと呼ばれる外洋と内海の水路に到着、
ザブンとボートからブルーに染まった海に飛び込めば、そこは透明度が高くまるで宇宙遊泳をしているかのような景色が待っています。
 
お連れのお客様が泳げなくても大丈夫。スタッフが、オレンジ色の大きな浮き輪を引っ張ってくれるので、
掴まっているだけで、安全に誘導してくれます。
皆さん、体験された後は、大感動です。
 
このドリフトシュノーケリングというツアーに参加すると、後半の一時間は、アクアリウムというツアーと同じ内容で、流れのない無人島で、珊瑚に生息する多種多様な魚の群れとシュノーケリングが楽しめます。
 
もちろん、このアクアリウムというツアーだけでも、お魚が大好きな方は大満足です。
岸に向かって進んで頂くと、特に綺麗な魚達に遭遇できます。

DCIM100GOPROGOPR2754.

星野リゾート Kia Ora ランギロア
日本語サイトはこちら
http://rangiroalagoon.com
 
 

ホテルの目の前が水族館

お客様をお迎えすると皆さま、日本でランギロアの天気予報が雨だったので、残念とお話しになられます。でも来てみると晴天なので皆さまとてもびっくりされます。実際には、日本のように一日雨だということはこちらでは殆どありません。ガイドブックに掲載されている雨季というもこのランギロアには当てはまりません。
海底火山が沈下して残った珊瑚の島、240もの小さな珊瑚から成り立っているこの環礁の島は海の上と考えるべきで、ラグーンに浮かんでいるボートの先頭がどの方角を向いているかを確かめる。そしてその方角の空を見る。するとこれから5分後の天気が分かる。
という数式しかない、正に海の上なのです。
もちろん、雨は降ります。数日に一度は、特に夜間に雨が降ります。しかし、他の島と違い標高の高い山がないランギロアは、雲が凄い勢いで通り過ぎてしまいますので、雨が降り続くことが殆どないのです。

そんな暑い日の今日、我慢できずに海に飛び込んでひと泳ぎ。その次いでに、水上バンガローの前の珊瑚の真上で、お魚に囲まれて、休憩していました。
真ん中が「ヒレナガハギ」こちらでは、Sailfin tang サージョンフィッシュの仲間です。その周りはご存知の「トゲチョウチョウウオ」Threadfin butterflyfishという人懐っこい魚です。
気が付くと360度魚に取り囲まれています。

DCIM100GOPROGOPR1542.

星野リゾート Kia Ora ランギロア
日本語サイトはこちら
http://rangiroalagoon.com

ランギロアの人懐っこい魚たち

ドリフトシュノーケリングで約3回ほど、ボートからのシュノーケングを終えて、
後半は、一転流れの穏やかな「アクアリウム」でシュノーケリングを楽しむ。
余りにも透明度が素晴らしいので、毎日のように仕事の合間にお客様と一緒にドリフトシュノーケリングで体をクールダウン。
海に入ると体が活性化していくのが分かります。

アクアリウムにボートで着くと、ボートの下には「ヒメフエダイ」が群れています。
キャプテンからパンを貰って、水中に潜ってみてください。
全身がヒメフエダイに包まれる魚人間になれます。
突かれて少々痛いのは我慢して下さい。きっと良い映像が撮影できます。

DCIM100GOPROGOPR1354.

星野リゾート Kia Ora ランギロア
日本語サイトはこちら
http://rangiroalagoon.com