ドレスコードについて

キアオラのレストランでは厳しいドレスコードはありません。
しかしながら気を付けていただきたい服装はあります。

ご夕食の際は、男性のタンクトップ、水着(サーフパンツ)での入店をご遠慮いただいております。

可能であれば、襟付きシャツ(アロハやポロシャツ可)、綿パン(ハーフパンツ可)というような服装があるとよいです。
事前にご用意がない場合は、

Tシャツ(できればキレイめのものを)
ハーフパンツ(綿パンなど水着でないものを)

でもOKです。

キアオラのレストランはフレンチスタイルです。
特に、クリスマスや年末の特別ディナーには、皆さまいつもよりもさらにドレスアップしてレストランへ来られます。

皆さまも是非ドレスアップして、特別な夜をお楽しみください!!🎄

夕日のオレンジ

先日、久しぶりに水平線に沈む夕日を見ることが出来ました。

水平線上に雲がかかることが多く、沈む直前に雲に隠れてしまうこともあるのですが、ギリギリ雲が途切れていました!!

画像が鮮明でないですが…その時の様子がコチラ↓↓↓

 

 

 

ホームメイドジャム

朝食ではいくつかのホームメイドジャムを楽しむことができます。

何種類かある中で、お客様からよく「おいしかった」とお声を聞く人気のジャムが、ココナッツジャムです。

ココナッツシェルに入った見た目にもかわいいココナッツジャムは、甘すぎる、という感じではなくて、ふんわりとした香りと甘みです。

そのほか、個人的にはパパイヤジャムがお気に入りです♪

こちらもパパイヤの器に入っています。

 

 

セイリングボート⛵

今年もセーリングボートが各国からやってきています。

この時期に限ったことではないですが、年間を通してもこの時期が一番数が多いのではないかと思います。(5月、6月)

キアオラ前のラグーンは多くのボートで埋め尽くされます。

先日、その中に日本の旗を掲げたボートがありました。

日本からの方はとても珍しいんです。

これまで、船で来た場合パスポートはどうなるのか?とても気になっていたので聞いてみると、島に上陸してオフィスでスタンプを貰うんだとか。

何ヶ月、または何年もかけて世界を回るなんてすごいことですね。

南十字星をみるには☆

この時期になると、日が沈んで暗くなり始めるころには、見上げた空に南十字星がわかりやすく見えるようになります。

南十字星、どこにあるかわかりますか?

真ん中のヤシの木の左上です。

最近は空が暗くなるころには南十字星がちょうど十字の形で見えるようになりました。

ホテルの敷地から見上げても沢山の星が見えるのですが、ホテルの入り口側、道路を渡って外海のビーチまで行くと、周りがさらに暗くなるので星がより見やすくなります。

星がありすぎてどれが本物の南十字星なのか?と思うことがあるかもしれません。

 

Mother’s Day🌹

こちらは本日「母の日」です。(ランギロアは現在:5月27日(日)です)

朝食の会場は多くの地元の人たちで賑わい、母の日をみんなでお祝いしていました。

母の日スペシャルとして夕食前にはバーでバンドの生演奏。

こちらもまた、お客様と一緒に多くの地元の人たちが集まっていました。

中央のシンガーはキアオラのセキュリティースタッフなのです。

夕焼けをバックに

 

ホテル内のヤシの木

ホテルの敷地には沢山のヤシの木が生えています。

ヤシの実や古くなった葉っぱが落ちてくると危ないので、時々登ってカットします。

写真ではわかりづらいですが、特殊な靴(?)を履いています。

カットしてるのを見かけたら、

お願いするとフレッシュココナッツジュースを飲ませてくれるかも。

 

 

パペーテのルロット

ランギロアから日本に帰国する前には必ず立ち寄ることになるタヒチ島。

そんなタヒチ、パペーテでの食事処の1つにルロットがあります。いわゆる屋台です。

夕方になると次々と屋台がオープンし、暗くなるころには多くの人で賑わいます。

アジア料理やピザ、ステーキ、ガレット、、、

どれもかなりのボリュームなので、シェアするのがおすすめです。

料理はだいたい1皿1000~2000XPF代が主流で、

食事を頼むとなぜかフランスパンが付いてくるのでさらにお腹いっぱいに。。。

ルロットではお酒が飲めないので、飲みたい方は近くのバーで飲んでから来るか、

お持ち帰りしてホテルで食べるのもありです。

※写真はチャオメン(焼きそば)

星野リゾート Kia Ora ランギロア