セイリングボート⛵

今年もセーリングボートが各国からやってきています。

この時期に限ったことではないですが、年間を通してもこの時期が一番数が多いのではないかと思います。(5月、6月)

キアオラ前のラグーンは多くのボートで埋め尽くされます。

先日、その中に日本の旗を掲げたボートがありました。

日本からの方はとても珍しいんです。

これまで、船で来た場合パスポートはどうなるのか?とても気になっていたので聞いてみると、島に上陸してオフィスでスタンプを貰うんだとか。

何ヶ月、または何年もかけて世界を回るなんてすごいことですね。

一番人気のエクスカーションは?

ランギロアに来たら是非体験してほしいのがエクスカーション

そして、中でも一番人気なのが

ブルーラグーンへ行くピクニックツアーです。

朝9時にホテル桟橋を出発。

ボートで1時間のブルーラグーンへ向かいます。

ブルーラグーンは周辺は浅いのでボートは島に着岸できません。

海に入ってざぶざぶと歩いて島に向かうのでマリンシューズがあると安心です。

あとは島を散策したり、美しいラグーンで泳いだり、、、

スノーケリングを楽しんだり。。。

そうこうしている間にBBQランチの準備が出来上がります。

肉や魚、サラダにフルーツ。。。

食事を食べながらウクレレの演奏も楽しめます♪

帰りはスノーケルポイントにも立ち寄り、さらにひと泳ぎ!

カメに会えることもあるかも?!

16時頃ホテルに戻ります。

海洋状況により船の揺れが強くなることもあります。弱い方は酔い止めのご用意を。

 

 

雲がある日の夕焼け

先週はしばらく晴天に恵まれていたのですが、

昨日は天候が不安定で雲が広がっていました。

でも、ガッカリしないでください!

そんな日には、こんな美しい夕焼けに出逢えることも!!

Miki Kimi Barは特等席!

雲があればこその光景です☺

夜には星も出ていましたよ。

 

星野リゾート Kia Ora ランギロア

今日もランギロアは快晴です☀

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

海の穏やかなこんな日は、ビーチでのんびりするもよし、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ピクニックツアーに出かけて、無人島でボケーとするもよし、

のんびり海の中を楽しむもよし、です。

星野リゾート Kia Ora ランギロア

Bonne année 2018(Happy New Year!)

あけましておめでとうございます。

早起きして初日の出を見てきました。
残念ながら雲がかかっていましたが、反対側には虹も現れ、
なんだか良い1年になりそうな気がします^^

***

さて、大晦日の昨日は年越しイベントなども行われました。

ところ狭しと並べられるシーフードを中心としたビュッフェや夕食前後にはバーでのバンドライブ。タヒチアンダンス・スペシャルバージョン。

年越しのカウントダウンでは花火があがりフィナーレです。

(バンドのライブは2AMまで続いたのですが)

最後までたくさんのお客様にご参加いただきました。
ありがとうございます。
本年もよろしくお願いいたします☆

 

星野リゾート Kia Ora ランギロア
日本語サイトはこちら
<a href=”https://rangiroalagoon.com”>https://rangiroalagoon.com</a>

ライロア(果てしない空)

ランギロアの名前の由来となっているのが、
広大な空を意味する「ライロア」という言葉です。

年に数回だけラグーンと空が同じ色になり、水平線が無くなる日がある。
そんな様を見て名付けられたのだとか。

納得ですね。

星野リゾート Kia Ora ランギロア
日本語サイトはこちら
https://rangiroalagoon.com

ぐるぐるマンタ

先日、エクスカーションの途中でマンタに遭遇!

わーマンター!!

なんて言っていたら次から次へと。。。!!!

ボートキャプテンの「マンタとスノーケリングする?」の一声で急遽スノーケリングすることに。

ち、近い!!

そしてマンタはぐるぐると、水面でご飯(プランクトン)を食べ始めたのでした。

貴重な体験に大興奮しました。

こんなことも、時にはある、かも。

星野リゾート Kia Ora ランギロア
日本語サイトはこちら
https://rangiroalagoon.com

アクアリウム

昨日は、ドルフィンウォッチツアーにお客様と一緒に参加してきました。
前半の1時間は、ボートでティプタパスに出向き、イルカを探します。当然船酔いされやすい方にはお勧めはできませんが、全然大丈夫な方は、目の前でイルカがジャンプする大迫力を体感して頂きたいです。
イルカの動画は、次回以降にアップロードしますが、まずはドルフィンウォッチツアーの後半であるアクアリウムでの様子を公開させて頂きます。

アクアリムに到着し、ラグーンに飛び込めば、魚達がお出迎えしてくれます。ツマリテングハギ(Spotted unicornfish)と
赤い魚は、ヒメフエダイ(Humpback red snapper)です。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

これはロクセンスズメダイ(Scissortail sergeant)とヒエフエダイ。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ヒメフエダイは、アクアリウムにも沢山いますが、ダイビングで外洋で出会うと群れがとてつもなく凄くて、まるで山が動いているように群れる魚です。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

セナスジベラ(Sixbar wrasse)が、私にまとわりついてくるので、撮影しておきました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ランギロアのラグーンも魚で一杯です。
水上バンガローの下にも一杯多様な魚が見れますが、アクアリムに出向き、ボートから飛び込むのも最高です。
体験ダイブを最近はお勧めしていて、ダイビングライセンスの無いお客様にも、ダイビングを楽しんで貰っています。
最初のダイビングやリフレッシュダイビングがこのアクアリウムで行っています。
ライセンスが無くても三度目にはオーシャンで、ダイビングが出来ますので、ランギロアの透明度に驚いて下さい。

星野リゾート Kia Ora ランギロア
日本語サイトはこちら
https://rangiroalagoon.com