ランギロアのダイビング

ランギロアはダイビングをする方の間では有名で、多くのダイバーがやってきます。

リピーターさんも多いです。

ダイバーの皆さんが楽しみにしてくるのは、ハンマーヘッドシャークやタイガーシャーク、マダラトビエイの群れ、、、そしてイルカ!が多いのではないでしょうか。

イルカと泳げるスノーケリングツアーは日本にもありますが、ダイビングで野生のイルカと出逢える場所は、そして一緒に遊べる場所は、世界的にも珍しいです。

ダイビングのライセンスをお持ちでない方は、まずはラグーンで体験ダイビング。

体験ダイビングは以前もブログでご紹介した「アクアリウム」で行いますので、沢山の魚をみることができます。

続けて潜りたい方は体験の後に外洋に出られるコースもあります。外洋に出るとイルカに出逢えるチャンスがある、かも?

☆補足ですが、、、

ダイビングご参加の際は、参加前に病歴を確認します。喘息お持ちの方など場合によ手は医師の診断書が必要になることがあります。参加をご希望の方は予め医師の診断を受けるなど、ご自身の健康状態、ダイビングができる状態であるか確認の上、お申し込みください。

 

食べ物かと思ってついてくるカメ🐢

ダイビング中にカメに遭遇することがあります。

近くにいたダイバーが落ちていた石を拾ってカメに見せると、食べ物かと思ったみたいで。。。

ついてくるカメの様子はこちら↓↓↓

ITATAE(イテテ)

レセプションの近くの木に、よく白い鳥がとまっています。

タヒチ語でITATAE(イテテ)と呼ぶそうです。

そして気づいたら、枝に白っぽいフワフワがいました。

 

何だろう?

と、思ったらベイビーイテテ!!

イテテは巣を作らず、枝のマタや穴の開いているところに卵を産むそうです。

そして大きくなるまでしばらくじっと同じところにいて

ときどき同じ場所をクルクル回る愛らしい姿が見られることがあります。

 

海の中でイルカに出逢う

ランギロアでダイビングすると、イルカに出逢うことがあります。

こんな風に気持ちよさそうに通り過ぎていくこともあれば。。。

興味津々近寄ってくることも。。。

見てる!!

まるで「遊ぶ?」って誘っているみたい。

 

 

今年もイルカは元気です🐬

”ティプタパス”というホテルから歩いて15分ほどのところで、

野生のイルカのジャンプを観ることができます。

 

陸上からも、もちろん楽しめるのですが、

船に乗ると近くで見られるので大迫力です!!

波が高いので船酔いにはご注意を。

 

星野リゾート Kia Ora ランギロア

バラクーダに巻かれてみる

ダイビングをしていると、こんな光景にも出会えます。
こんな群れに出逢ったりすると、ついつい突進していきたくなるのですが、
そうすると逆に逃げてしまいます。
でも、ゆっくりゆっくり近づいて行くと、、、、
巻いてくれたりします。

星野リゾート Kia Ora ランギロア
日本語サイトはこちら
https://rangiroalagoon.com

ドルフィンショー🐬

ランギロアには、陸上から野生のイルカがジャンプするところを観られる場所があります。

ジャンプするかどうかはイルカの気分次第ですが、波が大きいときほどジャンプを観られる
確率が高くなります。

イルカたちはビッグウェイブが大好き。

本当に楽しそうにサーフィンしたりジャンプしたりするんです。子供のイルカも頑張っています。

あまりに楽しそうなので、イルカになってみたいと思うのでした。

そんなイルカを観に行く無料のシャトルバスが毎週、火・木・土曜日の17時に
レセプション前から出発しています。

予約は必要ありませんのでお気軽にご参加ください☆

イルカたちは波がないとジャンプしないので、毎日同じ時間にジャンプするとは限りません。

波ができやすい時間帯は毎日変わりますので興味のある方はアクティビティースタッフ
に聞いてみてくださいね。

星野リゾート Kia Ora ランギロア
日本語サイトはこちら
https://rangiroalagoon.com

ぐるぐるマンタ

先日、エクスカーションの途中でマンタに遭遇!

わーマンター!!

なんて言っていたら次から次へと。。。!!!

ボートキャプテンの「マンタとスノーケリングする?」の一声で急遽スノーケリングすることに。

ち、近い!!

そしてマンタはぐるぐると、水面でご飯(プランクトン)を食べ始めたのでした。

貴重な体験に大興奮しました。

こんなことも、時にはある、かも。

星野リゾート Kia Ora ランギロア
日本語サイトはこちら
https://rangiroalagoon.com

海の人気モノと嫌われモノ

ランギロアで出会うこの生物。
どこの国のダイバーの方もとてもお好きですね。
ダイビングでも出会いますし、ドリフトシュノーケリングでも出会うことが出来ます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

一転、日本以外の方達はとてもこのウツボが大好きですが、日本の方はあまり興味を示されません。
水上バンガローの下の岩にも潜んでいることがあるので、岩の下に足は入れない方が良いです。
こちらが攻撃してきたとして、反撃しているだけですので、決して危険なことはないです。
身を守ろうと防御しているだけです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

星野リゾート Kia Ora ランギロア
日本語サイトはこちら
https://rangiroalagoon.com

ドルフィンウォッチツアー

ホテルのプライベートビーチにある桟橋からボートで5分、内海と外海がつながったこのティプタパスという水路に出向くと野生のイルカ達がジャンプする様子を目の前で楽しめます。
船酔いされる方は残念ながら、気分が悪くなってしまうので、お勧めは出来ませんが、ボートの側面を叩くとイルカ達が興味を示し、沢山寄ってきます。

20170503-DSC_6427

船酔いされる方は、ホテルから歩いて15分の場所から、陸の上からもこのジャンプが楽しめます。
夕方16時から18時には、毎日イルカが集まってきますが、内海から外海に潮の流れがあるタイミングで、
「うねり」が出来るとそこに向かってイルカ達のジャンプが始まります。
うねりが無い日は、ジャンプをせずに帰ってしまいます。
このうねりが出来るタイミングは、日本人スタッフに聞いて頂くと跳ねる時間を予測しますので、遠慮なく聞いてみてください。

250メートル幅、水深30メートル弱のこの水路に、強い引き潮があるタイミングで、イルカのジャンプ。所謂「アウトゴーイングカレント」。その逆の「インカミングカレント」の時にドリフトシュノーケリングやドリフトダイビングを行います。
流されても、内海なので、安全に楽しめるというわけです。

星野リゾート Kia Ora ランギロア
日本語サイトはこちら
https://rangiroalagoon.com