ランギロアのダイビング

ランギロアはダイビングをする方の間では有名で、多くのダイバーがやってきます。

リピーターさんも多いです。

ダイバーの皆さんが楽しみにしてくるのは、ハンマーヘッドシャークやタイガーシャーク、マダラトビエイの群れ、、、そしてイルカ!が多いのではないでしょうか。

イルカと泳げるスノーケリングツアーは日本にもありますが、ダイビングで野生のイルカと出逢える場所は、そして一緒に遊べる場所は、世界的にも珍しいです。

ダイビングのライセンスをお持ちでない方は、まずはラグーンで体験ダイビング。

体験ダイビングは以前もブログでご紹介した「アクアリウム」で行いますので、沢山の魚をみることができます。

続けて潜りたい方は体験の後に外洋に出られるコースもあります。外洋に出るとイルカに出逢えるチャンスがある、かも?

☆補足ですが、、、

ダイビングご参加の際は、参加前に病歴を確認します。喘息お持ちの方など場合によ手は医師の診断書が必要になることがあります。参加をご希望の方は予め医師の診断を受けるなど、ご自身の健康状態、ダイビングができる状態であるか確認の上、お申し込みください。

 

リーフ・アイランド

ランギロアでは、いくつかのフルデイ・エクスカーションが楽しめます。

どのエクスカーションも無人島でノンビリしたり、バーベキューランチを楽しんだり、シュノーケルをして過ごす丸1日のツアーです。

一番人気なのは「ブルーラグーン」というエクスカーションで、以前もブログで紹介したことがあるのですが、「リーフ・アイランド」もオススメなのです。

リーフ・アイランドは島の一部が隆起した珊瑚でできていて、その珊瑚の上を散策したり、間にできたプールで泳いだりすることができます。

珊瑚の上を歩くので、マリンシューズはあった方がよいです。

他の島ではなかなかない光景なので、ボラボラ島などでラグーンのエクスカーションに参加されたことがある方も、楽しんでいただけるのではないでしょうか。

リーフ・アイランドのエクスカーションは、行きまたは帰りにドルフィン・ウォッチングにも立ち寄るので、ボートのそばまでやって来るイルカをみることができるかもしれません。

南十字星が見つけやすくなってきました☆彡

これからの季節は、日が暮れてから皆さんが眠りにつくくらいの間に南十字星が見つけやすくなります。

最近の日没は18:00過ぎ頃。

空が暗くなり星が見え始めるのは19:00頃。

その頃にはすでに、南十字星は見えています。

まだまだ真正面ではありませんが、左に傾いた状態の南十字星が見えます。

正面に十字の形でみられるのは、夜中0時ごろです。

 

オホトゥからの夕日

ホテル内のバーやプール、桟橋からはとてもきれいに夕日が沈んでいくのが観られますが、時には気分を変えて、近くの港まで出かけてみてはいかがでしょうか?

ホテルから自転車で5~10分くらいのところにあるオホトゥ村の港からは今の時期、こんな風に真正面に夕日が落ちていくのを観ることができます。

ボートや建物にさえぎられることもないので、海と空だけ。

途中にはスーパーがあるので、飲み物を買って、ノンビリと夕焼けを楽しむのもいいかもしれません。

街灯がほとんどありませんので、ノンビリし過ぎには注意です。

暗くなる前にお戻りを。

 

オーシャンサイドのビーチ🏖

ランギロアは細長い島で、横幅(?)が狭いです。

なので、両サイドのビーチに気軽にアクセスできます。

ホテル正面に広がるラグーンはとても穏やかで安全に泳げますが、反対側は外洋にあたるため波が荒く泳ぐのはお勧めできません。

それでも外洋側には広いビーチがあり、散歩したり、朝日を見たり、、、

そして夜には、ホテルの明かりが届きにくいので満天の星空を楽しむことができます。暗いので足元には注意が必要です。(月の出ていないときがお勧め)

逆に満月の夜も月あがりが海に映ってとてもきれいです。

ホテル内のヤシの木

ホテルの敷地には沢山のヤシの木が生えています。

ヤシの実や古くなった葉っぱが落ちてくると危ないので、時々登ってカットします。

写真ではわかりづらいですが、特殊な靴(?)を履いています。

カットしてるのを見かけたら、

お願いするとフレッシュココナッツジュースを飲ませてくれるかも。

 

 

今日もランギロアは快晴です☀

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

海の穏やかなこんな日は、ビーチでのんびりするもよし、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ピクニックツアーに出かけて、無人島でボケーとするもよし、

のんびり海の中を楽しむもよし、です。

星野リゾート Kia Ora ランギロア

ロビンソン・クルーソー

キアオラから船で約1時間のところにある
ル・ソバージュ
島一周15分程度のこの島には5部屋の客室があります。
島には電気もありません。

砂浜でゴロゴロしたり、木陰でハンモックに揺られたり、
時には隣島にエクスカーションに出かけたり、、、

ロビンソン・クルーソーのように無人島に漂着したような気分になる、
とお客様は仰います。

島で迎えてくれるホストのミッシェルと相棒ベル

電気がないので夜には満天の星空です。

 

星野リゾート Kia Ora ランギロア
日本語サイトはこちら
https://rangiroalagoon.com